モンスターカレンダー

« 2013年2月 »
12345678910111213141516171819202122232425262728

2013年2月アーカイブ

 

神戸で友達と待ち合わせした時、ちょっと早く着いたので、本屋で時間を潰していた。読んでいた雑誌に面白い風俗店の事が書いてあったのだ。それは男性のドライオーガズムっていうことだった。こういうことをする風俗店はM性感という風俗と言う風俗店でいたってまだ新しい分野の店だ。要するに男が受け身になり、女性がマッサージで始め道具を使い男がオーガズムに達するのだと言う。読んでいると、経験した男性たちはほとんどがまた体験してみたいと言うではないか。セックスやオナニーよりも気持ち良く、その上に男は何もせずに女性に全部やってもらうとはまるで王様気分になれるではないか。初めのうちは絶対やらせだと思った。こいつらいくらもらってこういうことを言うのだろうと考え込み本屋を後にした。

友人と会いさっき雑誌で読んだことを話しているとそいつもその雑誌に書いていることが本当のことだと言い出した。聞くと、そいつもM 性感マッサージに行ったことがあり、初めは絶対セックスよりは気持ち良くないと思っていたらしい。でも実際にやってみると、本当に気持ち良く、週に2回は大阪の方まで行ってドライオーガズムを味わっていると言う。だんだん本当なんだと思いだし同時にドライオーガズムとはどういう感じなんだろうと興味がわいてきた。でもさすがに友だちには聞きたくはなく後で自分で時間がある時に調べようと思っていた。でもいきなりそいつがその店が今度神戸の方に出来たと言いだしてきて行ってみようと言い出した。だまされたと思って行ってみろと言い、ついでにそいつのおごりだと言うではないか。全部そいつにまかして、待合せの場所で女性と会うことにした。着た女性はすごくスリムでスタイルのいい女性だった。ホテルに連れて行かれ、雑誌で読んだようなことが全部された。終わった後、友だちと合流しそいつの前では大したことないよというふりをしてたが、自分の頭の中ではまた一人で行ってみたいと思った。

 

面倒くさい手間が何もない店舗型のエステに良く通っているんですが本当はエステでは満足できてないです。なぜならボクの本当の趣味は性感をしてもらいながら痴女に前立腺マッサージをしてもらうのが一番の快感のツボなんです。

 

そんな時に出会った神戸のあるエステ店ではボクの欲求を満たしてくれるサービスをしてくれるので最近ではそのお店にしか足を運んでいません。

 

基本エステのお店なのでマッサージがメインなんですがオッパイの大きい、ある女性のサービスがボクの趣味にバッチリです。

 

最初はその女性もまったく性感のサービスや前立腺マッサージができませんでしたが、ボクが自分自身の欲求を満たすために前立腺の位置を教えながらプレイをしたりしてるとメキメキ上達して立派な痴女になりました。今ではM性感でも通用するような言葉責めもプレイに取り入れています。

 

結構このプレイの要望は他のお客様でもあるらしく、培った技術を他のお客様でも披露して指名を取れるようになったそうです。基本お客様受け身のエステに来てるぐらいだからMっ気のある方ばかりで前立腺マッサージをしてクセになるお客様ばかりだそうです。

 

たしかに一回前立腺の快感を覚えると男はこれ以上の快感がないのでクセになってしまうんですよね。あとエステだというとこで利点なのが料金が安い所。通常M性感のお店だと専門分野なので料金が高めに設定されていて回数が行けないんです。エステだと半分位の料金でおさまるので1回分の料金で2回行けちゃうんです。

 

人間、気持ちのいいことは何回でも体験したいですもんね(笑)そういう理由で断然エステ、しかもホテル代がかからない店舗型のエステを私はえらんでいます。でも噂ではデリバリーのエステもいいと聞きますので機会があればチャレンジしてみたいとおもいます。

私はついこないだ、とっても気持ちの良い手コキで男性の潮を体験してきました

 

ここで潮吹きの方法と体験談を書きます。

潮吹きは亀頭責め、尿道付近と亀頭上部への刺激によって起きます。

射精後に徹底的にピンポイント攻撃で、尿道を練るように刺激します。
射精後の亀頭集中攻めはかなりキマす。ガクガクと腰がゆれてしまい、
もう「どうにでもして~」という感じです。
ギブアップせずに最後までがんばってみましょう。


貴方も潮まみれになるはずです。

 

ここからは体験談を書きます。


私が或る店を利用した女性はあった瞬間から飛ばしている
スレンダーできつめな姫。
坊や扱いされながら体を洗われ、寝かされなすがままに・・・

いろいろからかわれるように聞かれながら手こきされ、
菊門に指入れられ(痛い・・・泣)で・・・そこからはめくるめく世界って、
何やられてるか良くわかりません(こわくて目つぶっちゃいました)。

道具をつっこまれ、モンキー君いきなりフィニッシュから潮(おしっこ我慢できず?)を吹かされ、体の力が抜けて涙がちょちょぎれ、

泣きそうになりながら、

「もう許してください・・・(はじめて言う言葉にびっくりでござる)」


でも。


だめよ、許さない!の一言で却下され、なんかまた道具を持ってきてます・・・。

モンキー君潮のふかされすぎ(でぐったりかと思いきや何故か元気いっぱいなんですけど笑)と、
菊門の痛さと、何故か腹筋が無茶苦茶痛くて耐えきれず起き上がって、
もう駄目、ほんとに許して下さい
二度頼んで許してもらいました。(笑)

それから何度も潮吹きのお店に脚を運んで吹きまくっています(笑)

この体験私は男の潮吹きにどっぷり浸かってしまった瞬間となりました(笑)

皆様がこの記事読んで私と同じ潮吹きユーザになることを期待します。